診察内容

診療案内

休診日及び診療時間

○休診日
日曜・祝日・第2,4土曜日
○診療時間
9:00~12:00
14:00~17:00(平日)
9:00~12:30(土曜日)

火曜日、木曜日の午後は手術・検査

診療所外観
診療時間
9:00~12:00 mark mark mark mark mark mark
12:30まで
14:00~17:00 mark 手術 mark 手術 mark -

当院使用診療機器

当院で使用しております診療機器をご紹介します。

Optos California(超広角走査型レーザー検眼鏡)

Optos California(超広角走査型レーザー検眼鏡)は、広い範囲を撮影できる眼底撮影装置です。

1回の撮影で網膜の約80%の範囲を撮影することができます。
非接触(目に器械が触れない)で、無散瞳で撮影可能な為、お車で来院の患者さんも安心です。様々な病気の早期発見に役立てています。

TONOREF(R)II

オートレフケラト/トノメーター(トノレフ)
TONOREFII

TONOREF(R)II

屈折、角膜曲率半径、眼圧の3つの検査を1台でできるため、患者さんの検査に対する負担を少なくできます。

光干渉断層計(スペクトラルドメインOCT) RS-3000 Lite

ワイドエリアスキャンスクリーニングOCT

眼の奥にある網膜を輪切りにした画像を撮影する機械です。

網膜の黄斑部(ものを見る中心部)などの画像を撮ることで、網膜の病気の診断・経過観察などに用いられます。また、網膜の視神経の厚みも測定でき、緑内障の診断・経過観察にも有用です。短時間で画像の測定と解析ができ、患者さんの負担も少なくてすみます。

手術顕微鏡 OPMI LumeraT


手術時顕微鏡において、最も必要とされることは手術の詳細がはっきりと見えることです。
当院ではcarl Zeiss 社のOPMI Lumera T を採用し、術野の視認性を高め、できる限り安全な手術を施行するように努めています。

Constellation(硝子体手術装置)

Alcon社の白内障、硝子体手術装置コンステレーションビジョンシステムは白内障手術を安全かつ迅速に行うことができます。特に進行した白内障手術を行う場合に高いパフォーマンスを発揮することができます。また硝子体手術をより安全に行うために必要な最新の高性能な機能が搭載されており、白内障・硝子体同時手術にも対応可能な特別な手術装置です。

OA-2000(光学式眼軸長測定装置)

白内障の手術に必要な眼軸長(目の長さ)や角膜の丸みや前房深度、水晶体の厚みなど多くの部分の測定を目に触れることなく一度に正確に測定します。
眼内レンズの度数計算も自動で行えます。

△PEGE TOP