診察内容

診療案内

休診日及び診療時間

○休診日
日曜・祝日・第2,4土曜日
○診療時間
9:00~12:00
14:00~17:00(平日)
9:00~12:30(土曜日)

火曜日、木曜日の午後は手術・検査

診療所外観
診療時間
9:00~12:00 mark mark mark mark mark mark
12:30まで
14:00~17:00 mark 手術 mark 手術 mark -

当院使用診療機器

当院で使用しております診療機器をご紹介します。

Optos200Tx

超広角走査レーザ検眼鏡 Optos200Tx

網膜の80%以上の領域(200度の画角)の高解像度画像を、無散瞳、非接触で撮影できます。従来の検査機器では観察困難な網膜周辺部の病変も、見逃さずに捉える事が可能です。

診断、治療方針の決定に非常に有用な機械です。

Optos(R)200Tx

TONOREF(R)II

オートレフケラト/トノメーター(トノレフ)
TONOREFII

TONOREFII

屈折、角膜曲率半径、眼圧の3つの検査を1台でできるため、患者さんの検査に対する負担を少なくできます。

光干渉断層計(スペクトラルドメインOCT) RS-3000 Lite

ワイドエリアスキャンスクリーニングOCT

眼の奥にある網膜を輪切りにした画像を撮影する機械です。

網膜の黄斑部(ものを見る中心部)などの画像を撮ることで、網膜の病気の診断・経過観察などに用いられます。また、網膜の視神経の厚みも測定でき、緑内障の診断・経過観察にも有用です。短時間で画像の測定と解析ができ、患者さんの負担も少なくてすみます。

手術顕微鏡 OPMI LumeraT

手術時顕微鏡において、最も必要とされることは手術の詳細がはっきりと見えることです。

当院ではcarl Zeiss 社のOPMI Lumera T を採用し、術野の視認性を高め、できる限り安全な手術を施行するように努めています。

△PEGE TOP